じぶに|石川県

治部煮

江戸時代から伝わる、加賀の伝統的な椀料理

概要

そぎ切りにした鴨肉や鶏肉に小麦粉をまぶし、加賀特産のすだれ麩や野菜と一緒に砂糖、醤油、酒などで煮込んだ椀物。じぶ椀に盛り付けられ、ワサビを添えて食す。

【歴史・由来】
江戸時代から、庶民をはじめ多くの人が食べていたと伝わる。もともとは能登や加賀の山里の野鳥を食す習慣からうまれたという説など、諸説が存在する。ジブジブ煮る様子からその名が付けられたという説もある。

【食べるシーン】
結婚式などの祝いの膳として。

【提供店】
石川県金沢市内の料理店。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢能登半島輪島・珠洲和倉温泉・七尾加賀・白山
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP