げたんは|鹿児島県

げたんは

黒砂糖の蜜をたっぷり吸ったおいしい「下駄の歯」

概要

「下駄の歯」がその名の由来。黒くて台形をしたもともとのフォルムが、泥のついた下駄の歯と似ていたからだという。九州物産展などでよく見かける、鹿児島の伝統菓子だ。九州産小麦粉、黒砂糖、鶏卵を主原料にして生地を作り、この生地を板状に延ばし焼き上げ、台形に切断し、それを黒砂糖の蜜の中に漬け込み、そのままパック包装。蜜を吸った生地はしっとり柔らか。手づかみでパくっと食べると黒砂糖の甘く芳ばしい風味が口に広がる。ボリュームたっぷりで、価格もお手頃だ。誰にでも好まれる味だからお土産に迷ったらぜひ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP