あわゆき|山口県

阿わ雪

春の淡雪を思わせるふわふわで口溶け抜群の皇室献上菓子

概要

初代総理大臣を務めた伊藤博文公がこよなく愛し、皇室献上したという一子相伝の由緒ある和菓子。鮮度抜群の有機卵の卵白に、創業時から使用している上質の砂糖、厳選した寒天を合わせただけというシンプルさ。ふんわりとしたやわらかな食感で、マシュマロよりも軽いが綿菓子よりはしっかりとしている。上品な甘さと口中でシュワッととろける口溶けの良さ、真っ白な様は、まさに淡雪を感じさせる。『阿わ雪』という名もこの菓子を口にした伊藤博文公が「春の淡雪のようだ」と言ったことから命名されたそうだ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 山口県下関・角島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP