かなざわわがし|石川県

金沢和菓子

茶の湯文化で育まれた伝統の和菓子。

概要

加賀百万石の文化が色濃く残る金沢は、京都、松江と並び「日本三大菓子処」のひとつに数えられ、茶の湯文化の発展とともに、干し菓子や上生菓子を主にした数々の銘菓がうまれてきた。それらは、季節の節目や祝辞に用いられ、正月には”福梅(剣梅鉢を模った紅白の最中)”、桃の節句には”金平糖”などが食べられていたようだ。その風習は現代でも残っている地域があり、庶民の生活に深く和菓子が根付いているのがわかる。市内では、和菓子文化を満喫できるお茶会や職人との和菓子作りなど、体験イベントも行われているようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP