いしり|石川県

いしり

能登半島の海の恵みがもたらした自然発酵と熟成が決め手の万能調味料

概要

能登半島の先端側に位置し、日本海の豊富な海の幸に恵まれた能都町は、いしりの産地。いしりとは、イカの内臓や魚を自然発酵させて熟成した「魚醤油」。地元では刺身や煮物の隠し味など、郷土料理や伝統料理によく使われる。晩秋から初冬にかけて仕込み、翌年夏の終わりに出来るのが一般的。まろやかさを出すため、さらに1年から2年かけて熟成させることも。各生産者のこだわりがあり、独自の味がある。共通するのは「ゴロ」と呼ばれる真イカの内臓に塩を入れて漬け込み、自然発酵させること。伝統の製法を受け継ぐ万能調味料だ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 石川県能登半島輪島・珠洲
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP