せいようわがし とち|静岡県

西洋和菓子 栃

伝統の技と丁寧な真心からうまれる生クリーム入り栃もち

概要

昔話「もちもちの木」にも登場する栃(とち)の木。この栃の木の実を練りこんだもちで、自家製のこしあんと生クリームを包んだ栃もちが”西洋和菓子 栃”だ。栃の実はあくが強く、そのままでは食べられないため、1ヶ月以上をかけて丁寧なあく抜きを施し、まろやかな苦味が楽しめるさっぱりとした味わいに仕上げられる。その苦味と生クリームの甘さのバランスがクセになる味と、地元でも評判。生クリーム入りの栃もちは、全国でも珍しいため、おみやげとしてもおすすめだ。

PAGE TOP