いちごに(かんづめ)|青森県

いちご煮(缶詰)

うにとあわびの贅沢コラボ。北の海ならではの名物料理を手軽な缶詰に

概要

いちご煮は、主に八戸地方の海辺を中心に古くから食べられている郷土料理。”いちご”といっても果物ではなく、北海で育ったうにとあわびを使った贅沢な潮汁だ。いちご煮はもともと漁師の浜料理だった。うにとあわびを豪快に盛った煮付け料理が、大正時代に料亭料理として供され、やがて椀にきれいに盛り付けてお吸い物としていただくようになった。うにの風味とあわびの歯ごたえ、旨みたっぷりの汁がたまらないおいしさ。その味がそのまま缶詰に。吸い物として、また炊き込みご飯のだし汁として使える。1缶で約2人前。

基本情報

ジャンル お土産
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP