ひめますとば|青森県

ひめますトバ

十和田湖のヒメマスを奥入瀬の水と岩塩で天日干し。奥深い旨み

概要

十和田湖で100年以上の養殖の歴史をもつ名物「ヒメマス」を使ったトバ。トバは、魚を皮付きのまま縦に細く切り、海水などで洗って潮風に当てて干したもの。このひめますトバは、十和田湖からの清らかな水が流れる奥入瀬川の水と、天然の岩塩のみで漬け、天日干しで作ったこだわりの逸品だ。添加物は一切入っていない。ヒメマスの特長であるやわらかく繊細な肉質と皮質を生かし、旨み成分が凝縮した皮ごと食べられる。十和田湖のもう一つの名物、ワカサギを使ったトバもあり、こちらは。カリッとした芳しさとワカサギの繊細な味わいが特徴。

基本情報

ジャンル お土産
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP