じゅんまいぎんじょうしゅこうやさんはんにゃゆ「ひじり」|和歌山県

純米吟醸酒高野山般若湯「聖」

高野山の僧が飲んでいた般若湯、その名をもつ銘酒。

概要

般若湯とは、戒律の厳しい高野山の僧が飲んだといわれるお酒のことをいう。ハンニャとはインドの言葉で「知恵が湧く」という意味をもつ。偉いお坊様は、酒を飲んでもただ酔っていたのではない、知恵を湧かせていた……。また、高野山は非常に寒い場所であり、とにかく体を温める飲み物、酒が必要だったという説もある。この般若湯の名をもつ酒は、高野山の麓、天野という土地の米を使ったお酒だ。ここには美山錦や山田錦など非常に美味しい米がある。その米をブレンドし、かつらぎ山系からの伏流水でつくったお酒。とにかく美味しい酒だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 和歌山県和歌山市周辺有田・御坊高野山・九度山白浜・那智勝浦・串本
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP