くりまつり・けんとうさい|東京都

くり祭・献灯祭

概要

くり祭は大國魂神社の秋季祭で、9月27日が宵祭、28日が本祭。元文2年9月28日(1738)の武蔵六所宮御太々神楽の創設を起源として始まりました。途中で中断した時期もありましたが、再興され現在まで続いています。境内に約260本の行灯が灯され、幽玄そのものの雰囲気が醸し出されます。このため献灯祭と呼ばれています。この行灯は大正14年から、御神楽の講員により奉納されたものにより始められたものであり、現在は府中市文化団体連絡協議会の会員により描かれています。この祭が別名“くり祭”と称されるのは、武蔵野の地が栗の生育に適していたことと、栗が保存食として重要視され、さらに良質の栗が採れることから徳川家に献納されるようになり、栗の収穫時期と太々神楽の時期が相まって”くり祭“と呼ばれるようになりました。子どもたちの楽しい絵が描かれた行灯のもと、栗が売られる他、山車もでて、一層秋祭りらしい雰囲気がでています。

基本情報

ジャンル イベント
地域 東京都府中・調布
通年
住所 東京都府中市宮町3-1
電話番号 【所在地】TEL:042-362-2130 ; FAX:042-335-2621 / 【問合せ】TEL:042-362-2130 ; FAX:042-335-2621 ; Mail:musasi@ookunitamajinja.or.jp ; URL:http://www.ookunitamajinja.or.jp/
料金 【備考】 *無料
開催期間 2014.09.27~2014.09.28
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【開催地】大國魂神社

くり祭・献灯祭へのアクセス

京王線府中駅から徒歩で3分
JR府中本町駅から徒歩で3分

PAGE TOP