ちゃがゆせっと|奈良県

茶粥セット

伝統的な味「茶粥」を、奈良大和高原のお茶でいただく

概要

「大和茶」は、茶栽培に適した気候の大和高原一帯で栽培されているうまみの多いお茶だ。このお茶を用いて東大寺や興福寺の僧たちが作った茶粥が、”大和の茶粥”のはじまりのようだ。茶粥は米粒がサラッとしていて、朝食にいい。また、鍋ごと冷やせば夏バテの時期にも食が進む。「茶粥セット」には作り方も入っているので、初めてでも安心だ。田村青芳園茶舗は、昔ながらの商家のたたずまいで、茶葉を焙じる器具や茶箱など古いものを丁寧に使い続けていて味わいがある。興福寺への道すがら立ち寄るだけで、良い思い出になりそうだ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 奈良県奈良市・天理・法隆寺明日香・橿原吉野・天川村・十津川
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP