いなばのしろうさぎ|鳥取県

因幡の白うさぎ

黄身あんをしっとりやさしく包んだ焼きまんじゅう おなじみの鳥取銘菓

概要

出雲神話「因幡の白うさぎ」に登場する白うさぎをモチーフにした焼きまんじゅう。地元で40年以上も親しまれてきた鳥取を代表する銘菓だ。なんといっても愛らしいうさぎのフォルムが魅力。赤い目は赤大根から抽出した天然色素を使用。細かいところにも材料への気配りが感じられる。うさぎの生地には地元産の大山バターを使い、なめらかでしっとりとした仕上がりに。その生地と、黄身あんの上品な甘味と香ばしい焼き上がりがみごとに調和、思わずもうひとつ食べたくなるおいしさだ。神話の中で大国主命と八上姫の「縁」を結んだ白うさぎだ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 鳥取県鳥取市周辺米子・大山・境港倉吉・三朝
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP