じゅんまい おまち へきてん|岡山県

純米 雄町 碧天

万葉集にも登場する酒どころ“吉備の酒”を楽しみたい

概要

明治40年、初代渡辺捨吉が下道穂井田村(現在の倉敷市)で酒造りを初めたという県内でも老舗の酒蔵。その一番人気の酒が「純米 雄町 碧天」だ。水は高梁川伏流水を使用、心白(米粒の中のでんぷん質)が大きく、柔らかい雄町米だけを自家精米し、じっくりと低温発酵を醸している。グレープフルーツなどの柑橘系の果実香に熟成香がプラスされ、厚みのある落ち着いた香りに、しっかりとしたうまみとアルコールの強さが印象的な味わいだ。焼き鳥、鰻のかば焼きなどとの相性が抜群。軽く冷やしても、ぬる癇、熱燗でもうまい。日本酒度は+6。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岡山県倉敷
通年
住所 岡山県総社市
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP