たかせぶねようかん|岡山県

高瀬舟羊羹

伝統の味は厳選した材料と昔ながらの製法が生み出す

概要

明治元年(1764年)創業。約250年という長きにわたり、受け継がれてきた古見屋羊羹の味わいは今も変わらない。1300年ごろから昭和の始めまで、県内の三大清流で豊穣の山海の幸を運搬するために使用された高瀬舟をイメージして作られたのが、人気商品の高瀬舟羊羹だ。小豆は北海道の襟裳種、水は落合の山麓から湧き出た天然水を使用。2時間あまり小豆を煮つめて生餡をつくり、寒天、砂糖にその生餡を加えるという、創業当時と同じ製法で伝統の味を守り続けているという。表面が薄く糖化したころが食べごろで上品な甘さがやさしい。

基本情報

ジャンル お土産
地域 岡山県蒜山・湯原温泉
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP