なめたけ|長野県

なめたけ

人工栽培で安定供給!ビタミンたっぷりの健康的な食品。

概要

えのき茸はキシメジ科に属する白色腐朽菌の一種で、晩秋から春にかけて広葉樹(エノキ、カキ、コナラ、ヤナギ、ブナなど)の枯れ切り株に発生する。野生のえのき茸は地方により、「ナメタケ」「ユキナベ」「ユキノシタ」などと呼ばれ、名前からも極寒気に発生することが分かる。現在、おなじみのえのき茸は、人工栽培されたもので、野生のものとは色と形が異なる。えのき茸の人工ビン栽培は、強制的にえのき茸を出すのではなく、えのき茸の成長しやすい環境を人工的に与えることで、安定した生産をする生産方法である。

PAGE TOP