さぬきなまうどんたかまつこまち|香川県

讃岐生うどん『高松小町』

つるつるモチモチ! 手もみ足踏みで作る喉越しのいい細め生麺

概要

讃岐”ざるうどん”の宗家「川福」。この店の麺は上麺線4ミリで、讃岐うどんの中では細めのほう。香川では麺を噛まずに飲みこみながら食べる人が多いことなどから、創業者が試行錯誤の上、一番喉越しよく食べられるサイズを開発した。中でも讃岐生うどん「高松小町」は、伝統の「手もみ」「足踏み」の工程にこだわる。人の手足で丹念に仕上げた生地の状態は、まるで赤ちゃんの肌のよう。半生麺や冷凍麺とは違ったモチモチとした食感が自慢だ。冷たくして「ぶっかけうどん」「ざるうどん」に、茹でたてを「釜上げうどん」に。食べ方を選ばない

基本情報

ジャンル お土産
地域 香川県高松
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP