えひめけんのゆべし|愛媛県

愛媛県のゆべし

江戸時代より武士が楽しんだ伝統の味・ゆべし

概要

その起源は足利時代にまで遡り、文献に見られるようになったのは、江戸時代。将軍のお祝い事の品に「柚べし」とあり、格式の高い料理で、武家の保存食として作られた。江戸時代から伝わる作り方は、砂糖、白味噌、柚子、米粉、餅粉を混ぜて蒸したという。もちっとやわらかい食感は米粉と餅粉のバランスがいいから。香りと風味を出す柚子は、愛媛県内はじめ、高知、徳島産などのものを使用する。棒状のゆべしは今でも竹皮で一つずつ包むという、伝統の味わいだ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 愛媛県新居浜・西条・石鎚山
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP