おしぼりうどん|長野県

おしぼりうどん

辛さにむせかえる、辛味大根の絞り汁でいただく伝統的な一杯。

概要

「おしぼりうどん」とは、信州特産の「地大根(ねずみ大根)」のおろしの絞り汁に信州味噌で味付けし、花鰹ときざみ葱を加え、釜上げや冷やしうどんを食べる伝統的な郷土料理でたいへん辛い。今では忘れられているが、昔は上等のだし昆布も鰹や鯖の削り節もなかったため、麺類のつけ汁には辛さのきつい大根の絞り汁に味噌か醤油で味付けしたものが最高とされていた。の「おしぼり」を現在伝えているのは、長野市と上田市に挟まれた、千曲川両岸地区で、この食べ方を300年以上にわたり伝えてきたという。

PAGE TOP