すんきづけ|長野県

すんき漬

先人の知恵によって作られた漬物。江戸時代は年貢として上納

概要

「すんき漬」は、活きた乳酸菌の防腐性を利用した食塩無添加の漬物。開田村を中心とした山深い地方では、古くから保存食として常食されてきた。毎年、秋になると漬け床へ赤かぶの「かぶ菜」をつぎたし、乳酸菌を増やす。冬の野菜不足を補うための、古人の知恵をそのまま受け継いだ伝統的な漬物で、ヨーグルト、乳酸菌飲料等と同じように乳酸菌による漬物のため「すっぱさ」が特徴となっている。すんき漬けの歴史は古く、約300年前の江戸時代に、藩に年貢として差し出した記録が残されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長野県長野市・戸隠・小布施野沢温泉・志賀高原安曇野・白馬松本・上高地木曽・伊那・塩尻諏訪・蓼科・八ヶ岳軽井沢上田・小諸・佐久
1月 2月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP