さつまじげんりゅう|鹿児島県

薩摩自顕流

幕府に献上した島津家の一番搾りを殿様気分でいただきたい

概要

薩摩藩・島津家が江戸時代に幕府に献上していたという焼酎を復元した米焼酎。当時、米は非常に貴重で、米で仕込んだ焼酎を飲めるのは殿様のみだった。寒い時期、充分に精白した米をじっくりと発酵させ、蒸留の最初に留出される花酒だけを瓶づめ。まさに一番搾りの贅沢品だ。清酒を飲んでいるかと錯覚してしまう様なフルーティな香り、のど元を通りすぎる時の爽やかで深い味わい。オンザロックで飲むのが最高だ。そして一昨年のIWSC焼酎部門にて第1位を獲得。鹿児島といえば芋焼酎が有名だが、島津家の伝統が息づくこの米焼酎もみやげリストにぜひ加えたい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP