ぶっこみうどん|長野県

ぶっこみうどん

寒い信州には欠かせない、体の芯から温まる料理

概要

「ぶっこみ」は、長野県西山地区でよく食べられてきた郷土料理で、一般的には味噌煮込みうどんのこと。「ぶっこみ」とは、いろいろな野菜とうどんをぶちこんで煮たということから。「ぶちこみ」や「おぶっこ」などと呼ぶこともある。大根、にんじん、かぼちゃ、高野豆腐など、具だくさんの味噌煮込みで、好みで辛い薬味を溶かしていただく。また、長野では、同じぶっこみでも、煮込まずに野菜の煮汁にさっと麺を入れて温めていただく食べ方や、同様の食べ方でも「おとうじ」など、呼び方は異なるが似た様子のうどん、麺料理がある。

PAGE TOP