おひきなぞうに|岩手県

おひきな雑煮

もち文化が根付く岩手で好んで食される歯ざわり楽しい雑煮

概要

正月といえば雑煮だが、もちの種類から具材まで全国津々浦々その種類は様々。その中でも岩手県南部、旧伊達藩領で食べられている雑煮は細く切った大根等を冷凍保存した“ひきな”を使った“おひきな雑煮”だ。岩手では厳しい冬を越すための保存食として、大根を幅広く活用する習慣があり、自然と雑煮にも入るようになったようだ。普通の大根よりもひきなが好んで使用されるのは、さっくりとした歯ごたえが、雑煮を食べるときの単調さをなくすため。年中もちを食べる習慣があるという岩手県南部の地域に根付いた、もちをおいしく食べる工夫からうまれた郷土料理だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県宮古・久慈・岩泉大船渡・釜石盛岡花巻・遠野一関・平泉八幡平北上・江刺
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP