なんばんえびせんべい|新潟県

南蛮えび煎餅

口全体に広がる南蛮えびの旨みがたまらないパリパリおせんべい

概要

新潟でとれる南蛮えびの、正式名称は“北国赤えび”だが、一般的には甘えびと呼ばれている。特に新潟の南蛮えびは日本海の荒波にもまれ、太く、赤くて甘いのが特徴。赤色の身は、舌にとろけるように柔らかく甘い。そのすり身を煎餅生地に練りこみカリッと焼きあげたのが“南蛮えび煎餅”。南蛮えびの風味とたっぷりに広がる海の香りが嬉しい、新感覚のおせんべいだ。包み紙から出した瞬間、南蛮えびのこおばしい香りが漂う。JR主要駅の売店、高速道路のPA・SA売店など各所でも販売されている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 新潟県新潟市周辺佐渡長岡・三条・柏崎上越・妙高越後湯沢・津南・十日町村上・新発田
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP