おびひろのちゅうかちらし|北海道

帯広の中華ちらし

30年以上愛される帯広のご当地グルメ。砂糖と醤油の和風味があとをひく

概要

”中華ちらし”は、北海道帯広市で食べられているご当地グルメのひとつ。1970年当時には、すでにメニューとしてあり、30年以上の歴史があるといわれる。中華ちらしの始まりは市内にある割烹「松竹」の賄い飯として、あまった食材で作ったのがきっかけだという。その後、この店出身の料理人たちが独立して始めた店で出され広まり、現在では市内の多くの中華料理店で提供されている。野菜、豚肉、魚介を油で炒めて、炒り卵とあわせてご飯にのせる。中華特有のあんかけではなく、砂糖や醤油などを使った和風風味の味が楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道十勝・釧路・根室
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP