さわねだんご|新潟県

沢根だんご

江戸時代には峠の茶屋で売られていた、佐渡を代表する和菓子

概要

“沢根だんご”は、上品な甘さがうれしいひと口サイズのだんごである。江戸時代、金山で栄えた佐渡島。金山で掘られた金は、中山峠から沢根集落を通って船積みされた。その峠の茶屋で売られ、大人気となったのが沢根だんごといわれている。佐渡産コシヒカリを自家製粉し、こねて蒸して、うすでつく。それを清冽な地下水で冷やし、手早くこし餡でくるむと出来上がりだ。餡の原料となる小豆も、無農薬の佐渡産なので安心。そのままでもいいが、冷蔵庫で冷やして氷を一片そえて食べると、白玉のような口当たりで後味も爽やか。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県佐渡
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP