さどのしお|新潟県

佐渡の塩

佐渡の海水から焚き上げた天然の手作り塩

概要

新潟県佐渡島の西端、七浦海岸めおと岩の表層水(水深3~5mの海水)を晴天が続き、海が澄んだ日にポンプで取水。これを釜に入れ、薪でゆっくりと煮詰めていく。20分に一度は手作業で濾過をし、火加減の調も行う。職人が一すくいづつ木綿で濾すことによって余分なカルシウム、灰を採り、真っ白な塩を作り上げる。約30時間程度焚きつめて作った塩には天然のミネラルが精製塩とは比較にならないほど豊富。海藻の“あらめ”を3日間、佐渡の塩と一緒に炊き上げた“藻塩”もある。ヨウ素の茶色のエキスを抽出したこだわりの塩。

基本情報

ジャンル お土産
地域 新潟県佐渡
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP