ぴーなっつそふと|大阪府

ピーナッツそふと

ピーナッツが主原料の“おこし”は、ソフトな口当たりが魅力

概要

日本で最も古い歴史を持つお菓子といわれているのが“おこし”。米やあわを熱しで干した後、熱した砂糖や水飴に混ぜ、型に入れ乾燥させた干し菓子だ。文化2年創業「あみだ池大黒」は、「天下の台所」と呼ばれた大阪でおこし作りをはじめたの老舗菓子店。伝統の味を守りつつも、新しい味を発売するなど、そのラインナップを増やしている。その中の一つ、“ピーナッツそふと”は米や粟の代わりに、ピーナッツを使ったもの。ピーナッツ独特のコクと、ソフトな口当たりは素朴で懐かしい味わいが楽しめる。

基本情報

ジャンル お土産
地域 大阪府大阪心斎橋・難波・天王寺
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP