きょうとふのさかまんじゅう|京都府

京都府の酒まんじゅう

芳醇な香り漂うしっとりとした生地と滑らかなこし餡のハーモニー

概要

京都・伏見は江戸時代には地名を「伏水」と記し、「ふしみ」と読んでいたほど良質の水が湧いている地域。その銘水の一つ“白菊水”と伏見の蔵元、豊澤本店の蔵の代表的なお酒である“純米大吟醸酒蔵纏(くらまとい)”を練り込んだ生地で、あっさりとしたこし餡を包んで蒸し上げた酒まんじゅうだ。芳醇な香り漂うしっとりとした生地と北海道小豆の風味を大切に炊き上げた滑らかなこし餡がとてもよく合う懐かしい味わい。酒の本場、京都・伏見らしい名物お菓子だ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 京都府京都伏見・山科
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP