つがまい|京都府

番舞

村雨あんと北海道産小豆の粒あんを巻き上げたロールあん菓子

概要

“番舞(つがまい)”とは、中国の唐楽を左方に、朝鮮の高麗楽を右方に、異なる文化からなる舞楽を日本で組み合わせ一番(ひとつがい)にした舞のこと。その番舞からインスピレーションを得た銘菓“番舞”は、村雨あんと粒あんを巻き上げてロール状にした和菓子である。粒あんは大納言小豆をふっくら炊き上げ、北海道産小豆のこしあんと合わせたもの。一方、村雨あんはしっとりとしたつやの小豆および白いんげん豆をそぼろ状に炊き上げてあり、粒あんと合わさると異なる食感と味わいが綺麗に調和する。小倉、抹茶、桜の3種類。

基本情報

ジャンル お土産
地域 京都府京都伏見・山科
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP