せいがえん|新潟県

静雅園

概要

鵜川の旧家にして医師であった布施家七代良斉が、江戸末期から明治初年にかけて、京都の庭師を招いて築造し、九代禎二に至って完成した庭園です。 昭和3年、鵜川小学校(現在廃校)が同地に移転した際、十代貞夫より村に寄附されたものです。 庭園全体の構造は、三山を大きく築き、大小2つの池が石橋に接して「心」字をかたどり、三山の裾をめぐり、そのまわりを当地産出の大石約200個をもって囲んでいます。築山の全面は苔で覆われ、五葉松の巨木を中心に、いちょう、もみじなどの樹木が植えられ、池の手前には飛石を配し、平地にツツジやカエデなどの植込みがあり、幽寂な趣に富んでいます。面積は約990平方メートル、座観式庭園で、近江八景を模した江戸時代末期の名園で、優れた景観がよく保存されています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 新潟県長岡・三条・柏崎
住所 新潟県柏崎市大字女谷4525
電話番号 【問合せ】TEL:0257-23-5111 ; FAX:0257-24-7714
営業時間 見学:4月~11月
付帯設備 【その他】駐車場(普通車:有り)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【面積】約990平方メートル

静雅園へのアクセス

JR信越本線「柏崎駅」からバスで50分
北陸自動車道「柏崎IC」から車で35分

PAGE TOP