しばたじょう|新潟県

新発田城

四季折々の情景を楽しめる美しい外観、歴史が香る城下町「しばた」のシンボル

概要

新発田城は、1598年(慶長3年)、初代藩主・溝口秀勝が築城し、3代目・宣直のときに完成しました。
外壁には冬の豪雪に備え「海鼠壁(なまこかべ)が用いられ、さらに石垣は美観を重視し、「切込はぎ」と呼ばれる技法で隙間なく丁寧に積まれています。その美しい外観は、春の桜、夏の万緑、秋の紅葉、冬の雪とともに四季折々の情緒を味わうことができます。
かつては本丸、二の丸、三の丸から成り、櫓門の本丸表門と、旧二の丸隅櫓は現存しています。全国的にも珍しい天守閣の代わりに3匹の鯱が佇む三階櫓、三階櫓と辰巳櫓が復元され、国の重要文化財にも指定されています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 新潟県村上・新発田
別名 あやめ城
住所 新潟県新発田市大手町6丁目4
電話番号 新発田市観光協会 0254-26-6789
問い合わせ先 新発田市観光協会HP(公式)http://shibata-info.jp/kanko
料金 無料(観光ガイド 1時間1,000円※要予約)
駐車場 100台(無料)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 開門期間は4~11月
(12月~3月は閉門)
【4~10月】9:00~17:00
【11月】9:00~16:30

※掲載情報は登録時のものとなるため、情報に変更が生じている可能性がございます。
お出かけの際は公式HPなどで改めてご確認ください。

新発田城へのアクセス

日本海東北自動車道 聖籠新発田I.Cより車で10分
JR白新線・羽越本線新発田駅より徒歩約20分

PAGE TOP