くまもとけんのゆべし|熊本県

熊本県のゆべし

ルーツは郷土の保存食。ゆずの風味ともちもちの口当たりが美味

概要

熊本では、古くはご飯のおかずや酒の肴として食されてきた“ゆべし”。もともとは保存食として作られていたといわれ、当初はゆずの中身をくりぬいたところに、米粉と味噌やごま等を混ぜて蒸したものを詰めて干したものだったという。このゆべしがお菓子として売られるようになったのは明治の初め。職人が工夫と改良を加えて作り上げたものが原型になり、さらに改良されて現在のゆべしになったようだ。?薄い山吹色に色付いたもっちり炊き上げられた“ゆべし”は、ゆずの風味がほんのり香る優しい味。歴史が作り上げた味を楽しみたい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 熊本県熊本市・山鹿・菊池
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP