どてに|愛知県

どて煮

豆味噌でじっくり煮込む。食欲そそる定番名古屋めし!

概要

牛スジやモツ、ダイコン、コンニャクなどを豆味噌でじっくりと煮込んだ料理だ。具材はさまざま存在する。お酒のおつまみとして定番料理となるが、ネギを添え、ごはんにかけて「どて飯」、焼くと「どて焼き」、煮汁を串カツにかける「味噌串カツ」など、さまざまなバリエーションで愛されている定番料理だ。豆味噌の風味と、とろけるような柔らかさの牛すじやモツで箸が進む。

【歴史・由来】
鍋のふちに八丁味噌で土手をつくり、おでんを煮込んだことがはじまりといわれる。

【作り方】
・牛スジやモツ、ダイコンやコンニャクなどを下茹でする。
・水をとりかえ、豆味噌、酒、みりん、砂糖などでつくった味噌だれを加え、煮込む。
・粗熱をとり、冷蔵庫で寝かせ、翌日更に煮込む。

【提供店】
名古屋市を中心とした居酒屋の定番メニュー。名古屋駅、栄駅近辺の「なごやめし」を扱う飲食店で提供される。提供店一例)名古屋丸八食堂、伍味酉、かぶらや、飯場、うめは等

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛知県名古屋
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP