たかだこうえん|新潟県

高田公園

概要

高田公園は、慶長19年(1614)、徳川家康の六男・松平忠輝公の居城として築かれた高田城の城跡公園です。 春には、約4,000本もの桜が咲き誇り、見ごろに合わせて「高田城百万人観桜会」が開催されます。 三重櫓と桜がぼんぼりの明かりに映え、お堀の水面に映る様は日本三大夜桜のひとつに数えられています。 夏には、城跡を巡る外堀19ヘクタール中、16ヘクタールを蓮が埋め尽くすように咲き誇り、その規模と美しさは東洋一とも称えられます。蓮の見頃には毎年「上越はすまつり」が行われます。 秋には紅葉が、そして雪が降り積もる冬には、冬の高田城を雪行燈の優しい光がつつむ「冬の高田城雪行燈めぐり」が開催されます。 ●施設概要:高田城三重櫓ブロンズ・プロムナード、陸上競技場、市立総合博物館、小林古径記念美術館、小林古径邸、高田図書館、ソフトボール球場(ナイター有)、市営野球場(ナイター有)、テニスコート(ナイター有)

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 新潟県上越・妙高
住所 新潟県上越市本城町44-1
電話番号 【問合せ】TEL:025-526-5111 ; FAX:025-526-6112 ; URL:http://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/toshiseibi/takada-park.html
営業時間 見学:~通年
付帯設備 【その他】駐車場(普通車:約500台(観桜会会期中は周辺臨)
料金 【備考】 *入園無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

高田公園へのアクセス

北陸自動車道「上越IC」から車で15分
JR信越本線「高田駅」からバスで10分

PAGE TOP