ちょんたちょんぺい|徳島県

ちょん太ちょん平

徳島県に伝わる民話をイメージ。プチン!と楽しい丸い羊羹

概要

風船に包まれた一口サイズの羊羹。楊枝を突き刺すと自然にむけてつるつるのようかんが飛び出す。製造元の「安宅屋」は1892年に創業以来、阿波の伝統菓子の羊羹を製造。“ちょん太ちょん平”は戦後すぐに生まれ、現在では看板商品として定着した。名前の由来は、徳島県三好市に伝わる仲のよい兄弟の物語から。この兄弟のやさしい心を丸い形に表現しているという。小豆、寒天、砂糖のみで作られており、保存料無添加。材料が熱いうちに、手作業で一個ずつ風船に流し込み丁寧に作られる一品は素朴でやさしい口当たりが特徴。

基本情報

ジャンル お土産
地域 徳島県大歩危・小歩危・祖谷渓
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP