あめごのひららやき|徳島県

あめごのひらら焼き

河原の石がホットプレート代わり。味噌の香りが食欲をそそる

概要

徳島県西部の伝統料理“あめごのひらら焼き”。「ひらら」とは「平たい石」の意味で、吉野川で捕れる“あゆ”や“あめご”を河原にある平らな石の上にのせて、野菜や豆腐、こんにゃくなどとともに焼き上げたのがその始まりとされる。具から出るだしや旨味が石の間から逃げないように、石の周囲に味噌で土手を作るのが特徴。いわば、天然のホットプレート料理だ。来客や親族が集まった時の団らん料理としてまかなわれることも多い。少し焦げた味噌の香ばしい風味が食欲を誘う一品。三好市内のレストランなどで楽しむことができる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 徳島県大歩危・小歩危・祖谷渓
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP