でこまわし|徳島県

でこまわし

人形浄瑠璃をイメージした、くるくると回しながら焼く郷土料理

概要

徳島県に古くから伝わる郷土料理“でこまわし”。阿波はその昔、人形浄瑠璃が盛んだったこともあり、田楽をくるくる回しながら焼く様子が、人形浄瑠璃の“でこ”(人形)に似ていることから、“でこまわし”と呼ばれるようになったと伝えられる。じゃがいもや豆腐、こんにゃく、そば団子などを竹串に刺し、味噌だれをつけていろりでぐるぐる回しながら焼く田楽だ。ここで使われるじゃがいもは徳島の方言で“ごうしいも”とも呼ばれ、地元で栽培されるこぶりで煮くずれしにくいものが使われている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 徳島県大歩危・小歩危・祖谷渓
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP