せんだいづけどん|宮城県

仙台づけ丼

気軽に美味しい宮城の海鮮が楽しめる杜の都の新名物

概要

東北大大学院の堀切川教授が提案者である“仙台づけ丼”。大分でアジのづけ丼にヒントを得て、地元仙台で豊富に取れる白身魚を使ってづけ丼を作ったのが始まりだ。これを「牛タン」に続く新しいご当地グルメにできないかと、2009年に仙台寿司業組合が“仙台づけ丼”として開発。12店舗が地場産の魚、宮城県産米のすし飯を使って各店舗オリジナルのづけ丼をメニューに取り入れた。白身魚の代表種であるヒラメ・カレイ・スズキ・タイをはじめ、魚種が豊富なことで知られる宮城の海の魅力が満載。一度お試しあれ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県仙台
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP