いわやどうようかん|岩手県

岩谷堂羊羹

300年の歴史に培われた強いコシとコクが自慢の羊羹

概要

奥州市江刺区岩谷堂の地区は、かつて伊達藩・岩谷堂城の城下町として栄えた土地。この地の名を冠した“岩谷堂羊羹”は、1673年に創製以来、城主の保護を受けながら作り続けらているとされる岩手銘菓だ。現在では、江刺区内にある「回進堂」「菊泉堂」「菊正堂」の三軒の菓子店が共同で登録商標を取得し、各店ともさまざまな商品を販売している。“岩谷堂羊羹”の特徴のひとつは、高温で長時間の煉ることによって生まれるコシの強さ。一口ほおばると、きめ細やかでコクのある甘さが広がる逸品だ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 岩手県北上・江刺
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP