もちぜん|岩手県

もち膳

江戸時代から受け継がれる、“もち”づくしのお膳

概要

一関に根づく“もち食”は、江戸時代にまでさかのぼることができる伝統と歴史ある食文化。その代表格ともいえるのが“もち膳”だ。様々な味付けをした“もち”を膳に並べて食す料理だが、正月はもちろん、冠婚葬祭から客人へのもてなしまで日常的に振る舞われる。味付けも、あんこ、ごま、きなこ、くるみ、大根おろし、しょうが、沼エビなど、そのバリエーションは300種類以上ともいわれている。地元の飲食店では、多彩な味を楽しめる各店ごとのオリジナルの“もち膳”を楽しむことができる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県一関・平泉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP