なんぶいちろうかぼちゃうどん|岩手県

南部一郎かぼちゃ饂飩

ほんのりと甘い、地元の特産かぼちゃ粉末を混ぜ込んだうどん

概要

かつては「骨寺村」と呼ばれ、中尊寺経蔵の別当が所領する荘園だった一関市巌美町本寺地区。この地区の特産品で甘みの強い“南部一郎かぼちゃ”と、岩手産の小麦粉で作られたのが、“南部一郎かぼちゃ饂飩”だ。マンゴー並みの糖度を持つと言われる南部一郎かぼちゃを粉末にして混ぜ込んであるため、ほんのりの甘く、自然な黄色をしているのがこのうどんの特長。コシのある平麺で、のどごしが良く美味。同地区にある「骨寺村荘園交流館」などで乾麺を販売しているほか、館内の食事処では温かいうどんやざるうどんで味わえる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県一関・平泉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP