すいとんひゃくみおうしゅうはっと|岩手県

すいとん百味「奥州はっと」

東北地方伝統の味。地域や家庭ごとに異なる名前と調理法!

概要

「はっと」とは東北地方に広く伝わる郷土料理。小麦粉に水を加えてよく練り、うすくのばした生地を茹でる小麦粉料理の一種で、地方によっては「ひっつみ」、「とってなげ」などと呼ばれる。具やだしは季節によって様々であり、川魚や川のカニ、鶏肉、きのこなどを用いる。なめらかで喉越しの良く、老若男女の身も心もあたためてくれる岩手県ふるさとの味だ。

【歴史・由来】
昔、米の安定供給が叶わなかった時代、米食に代わる小麦粉料理としてうみだされたものと伝わる。現在は季節の野菜や魚などをくわえるなど味や具の種類も様々だ。

【食べ方】
季節の行事ごとで食されている。身体が温まる料理として寒い時期に食べることが多い。宴会のシメに食べることもある。

【作り方】
・小麦粉にぬるま湯を少しずつくわえて耳たぶ程のかたさまでこね、生地を寝かす。
・鶏もも肉や季節の具材とともに、生地を煮込む。

【提供店】
いわて奥州はっと参加店

【豆知識】
市内の飲食店や土産物店がそれぞれ独自の「はっと」を提供するイベントなども展開されているので注目。昔ながらの素朴なものから、地元産の和牛を使ったものなど、アイデアを凝らしたさまざまなはっとが楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県北上・江刺
通年
HP http://oshuhatto.oshucci.com/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP