さいふくじかいざんどう|新潟県

西福寺・開山堂「石川雲蝶の彫刻」

概要

赤城山西福寺は室町時代後期(天文年間)に開かれました。現在の本堂は1801年に再建。本堂の左手に連立された開山堂は、江戸時代末期の1857年に二十三世蟠谷大龍(ばんこくだいりゅう)大和尚によって建てられ、開山堂の向拝、堂内には、幕末の名匠石川雲蝶の彫刻、絵画、漆喰細工など数々が施されています。 巨大な彫刻の他に、本堂の大縁(廊下)の床には、雲蝶の施した埋め木が多数残り、名匠の遊び心をうかがい知ることも出来ます。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 新潟県長岡・三条・柏崎
住所 新潟県魚沼市大浦174/西福寺
電話番号 【所在地】TEL:025-792-3032 / 【問合せ】TEL:025-792-3032 ; FAX:025-792-8753 ; Mail:hirasawa@mx5.et.tiki.ne.jp ; URL:http://www.saifukuji-k.com
営業時間 見学:~●4月~11月:9時~16時 ●12月~3月:9時30分~15時
付帯設備 【その他】駐車場(普通車:有り)
定休日 定休日:●火曜日:※4月~7月、9月~11月は火曜日も拝観できます。 ●年末年始:※12月25日から1月4日まで
料金 【備考】 *【拝観料】 ●中学生以上300円
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

西福寺・開山堂「石川雲蝶の彫刻」へのアクセス

関越自動車道「小出IC」から車で5分
*・JR上越線「小出駅」より車で7分。またはバスで10分、下車後徒歩で10分・上越新幹線「浦佐駅」よりタクシーで5分

PAGE TOP