ほっかいどうのくじらりょうり|北海道

北海道のクジラ料理

刺身、すき焼き、クジラ汁、しょうが焼き、ベーコン、食べ方色々

概要

1915年に「東洋捕鯨会社」が網走市に工場を建てたのが、この地の捕鯨文化の始まりで、当時は大型クジラを捕獲し一大産業を形成していた。捕鯨が規制されている現在でも、国際捕鯨委員会の管理下にないツチクジラやゴンドウクジラを頭数制限内で捕獲し、クジラ食文化を保っている。クジラは余すところなく食べられることで知られ、赤肉や本皮(脂肪部分)、尾の身(しっぽの少し手前)は刺身、さえずり(舌)は煮物やおでん、鹿の子(あごの肉)はすき焼き、畝須(あごからおなかの肉)はベーコンと、多様な料理で食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道知床・網走・北見
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP