さどきんざん|新潟県

佐渡金山

日本と共に歩んだ約400年の鉱山の歴史を体感

概要

1601年(慶長6年)に3人の山師により開山されたといわれる佐渡金山。その2年後に幕府の天領となって以降、徳川の財政を支え続けました。明治時代には官営の鉱山となり、西洋から技術者を招くなど機械化・近代化が進められ日本の近代化に貢献しました。1989年(平成元年)の操業休止までの約400年間で産出された金は78トン、銀は2,330トン。開削坑道の距離は近代だけでも約400kmに及びます。2010年(平成22年)にユネスコ世界遺産暫定リストに記録され、本登録に向けた準備が進められています。現在、坑道跡・採掘施設・製錬施設など数々の遺構が、国の重要文化財に指定されています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 新潟県佐渡
住所 新潟県佐渡市下相川1305
電話番号 0259-74-2389
HP http://www.sado-kinzan.com/
営業時間 年中無休 4月~10月 / 8:00~17:30 11月~3月 / 8:30~17:00 ※掲載情報は登録時のものとなるため、情報に変更が生じている可能性がございます。 お出かけの際は公式HPなどで改めてご確認ください。
料金 ■江戸・明治坑道周遊コース 大人1,400円/小・中学生700円 ■江戸金山絵巻コース 大人900円/小・中学生450円 ■明治官営鉱山コース 大人900円/小・中学生450円 ■ガイド付 産業遺産ツアー 大人1,400円/小・中学生700円 ■ガイド付 山師探検ツアー 大人2,400円/小・中学生1,200円
駐車場 約500台(無料)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

佐渡金山へのアクセス

≪路線バス≫
両津港から「佐渡金山」行(約70分)
「相川」行(約60分)、「相川」で下車後「佐渡金山」行乗換え(約10分)
小木港から「相川」行(約90分)、「相川」で下車後「佐渡金山」行乗換え(約10分)

PAGE TOP