わくらおんせん|石川県

和倉温泉

概要

能登半島随一の規模の温泉街。1200年前にシラサギが沐浴しているのを村人が見て,温泉を発見したという。こんこんと湯が湧き出すことから,“湧浦”と呼ばれ,現在の地名になった。近代的な旅館やホテルが海沿いに林立しており,1989年には和倉温泉シーサイドパークも完成している。カキ,寒ブリ,ナマコなど新鮮な魚介類が食膳を飾る。◎総湯 湯の湧く浦。これが和倉という名の由来で,能登半島の付け根,七尾湾に面した海の温泉である。温泉街の中央に立つ総湯は,和倉温泉の歴史を刻む外湯。最近は建物も新しくなり,浴場にはジェット噴流や気泡風呂が設備されている。強食塩泉,90度の源泉を適温に下げている。皮膚病,神経痛,腰痛,気管支炎などに効果。隣接してたつ総湯には,竜宮風呂があり,9時~20時。TEL(0767)62-2221

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 石川県能登半島和倉温泉・七尾
住所 石川県七尾市和倉町
電話番号 【問合せ】TEL:0767-62-1555 ; FAX:0767-62-2611 ; Mail:wakura@noto.or.jp ; URL:http://wakura.or.jp/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【宿泊施設軒数】34 / 【宿泊施設総定員】8,400 / 【利用者数(年間)】1,030千人(平成16年度)

和倉温泉へのアクセス

和倉温泉駅からバスで5分

PAGE TOP