新潟県
のっぺいじる

のっぺい汁

新潟県、家庭料理の代表。地域の素材を余すこと無く活かす

  • のっぺい汁

鶏肉やにんじん、ごぼう、れんこん、里芋などの季節の具材を鍋で煮込んだ汁物である。片栗粉などを用いず、里芋で自然なとろみを付けているのが特徴だ。また、汁物としては珍しく冷ましてから食すこともある。新潟県において里芋と並ぶ名産品である鮭を加えることも多い。県内におけるバリエーションは多彩で、新潟県の豊かな食文化を背景とした家庭料理の代表作といえる。現在でも正月やお盆などの年中行事の際に各家庭で楽しまれている。

PAGE TOP