おばまじょうし|福井県

小浜城址

概要

1601(慶長6)年京極高次が築城し,その後,1633(寛永10)年に酒井忠勝の居城となって明治まで続いた。現在は石垣が残るだけ。本丸跡には酒井公を祭る小浜神社が立っている。◎京極高次(1563-1609)浅井氏に属したが1573年浅井長政滅亡後,織田信長に属す。本能寺の変後明智光秀に与したが豊臣秀吉に追われ若狭に逃れる。江戸幕府成立後若狭国小浜城主となった。◎酒井忠勝(1587-1662)江戸初期の大老・老中。三代将軍家光を補佐し名臣の誉れ高い。家光の死後出家。小浜十二万石の酒井家祖。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 福井県敦賀・小浜・若狭
住所 福井県小浜市城内1丁目
電話番号 【問合せ】TEL:0770-52-1920
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時代】1596~1615

小浜城址へのアクセス

小浜駅から徒歩で15分
小浜駅から *あいあいバス「矢代」および「泊」行き「城内」下車すぐ

PAGE TOP