えちぜんおおのじょう|福井県

越前大野城

概要

標高249mの亀山を利用して造られた平山城の跡。金森長近が1575(天正3)年から4年がかりで築城したもので,当時は2層3階の大天守閣を中心に,小天守閣。天狗書院の3つの大きな櫓が立ち並ぶ壮大なものだったといわれるが,江戸時代後期に焼失し,現在は1968(昭和43)年に再建された天守閣と天狗書院,野面積みの石垣が往時を偲ばせる。一帯は眺望のよい史跡公園として整備されている。◎金森長近(1524-1608)安土桃山時代の武将。織田信長臣。朝倉氏滅亡,一向一揆討伐ののち,大野城主に任ず。要仲素玄と号し一家の茶系を立つ。◎土井利忠(1811-68)江戸生れ。大野七代藩主。藩政を大改革し,軍制の改革,洋式船建造,蝦夷地開拓,病院の創設などで著名。ことに洋学振興に努力し,多くの洋書を翻訳出版した。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 福井県勝山・大野
住所 福井県大野市城町3-109
電話番号 【所在地】TEL:0779-66-0234 / 【問合せ】TEL:0779-66-0234
営業時間 開館時間:4月1日~9月30日9:00~17:00 / 開館時間:10月1日~11月30日9:00~16:00
定休日 休館:12月1日~3月31日 
料金 【大人】200円 *(団体割引30名以上100円)(中学生以下無料)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【築城年代1】1575

越前大野城へのアクセス

越前大野駅から徒歩で30分

PAGE TOP