にいな|新潟県

煮菜

体菜の塩漬けを人参や油揚げと煮る、冬定番の家庭料理

概要

新潟では、冬の常備菜として普段の食卓に上る「煮菜」。体菜(たいな)という冬野菜を塩漬けしたものを、油揚げや人参など、家庭によって様々な具と一緒に煮て作る。体菜とは、明治初期に政府が奨励野菜として中国から輸入したものだと言われ、チンゲンサイを一回り大きくしたような風貌。いわゆる漬菜と言われ、大抵は塩漬けにして食べる。冬に青物野菜が不足する雪国では体菜の塩漬けがとても貴重で、冬の間、塩出ししては料理に利用される。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県新潟市周辺佐渡長岡・三条・柏崎上越・妙高越後湯沢・津南・十日町村上・新発田
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP